お金の基礎知識

2016年02月01日

株は「積立」で買うと、 なかなかの利回りが期待できる!

 そういうわけで、インデックス・ファンドを買えば、銘柄選びに苦労せずに、株を買える、つまり株に投資できるわけだ。

しかも1万円から(1000円でもいいけど)。

 では、二番目の難関。いつ、どんなタイミングで買うか。これは「毎月少しずつ買う」という方法を使ってクリアできる。

 天引き貯金や自動積立定期と同じように、毎月1万円、2万円という形で買っていくわけだ。ほとんどの銀行、ネット証券ではファンドの自動積立ができるので、この仕組みを使おう。毎月3万円貯金できるなら、1万円を天引きの財形、1万円を自動積立定期、1万円をインデックス・ファンドで積み立てるといい。

 インデックス・ファンドのように毎日値段が変わるものを、一定金額ずつ買っていくと、実は「ドル・コスト平均法」という高度な投資技法が働く。一度にまとめて買うよりも、安く買える可能性が高くなるのだ。安く買えれば、期待できる利回りも高くなる。

 また、タイミングを間違えて、いちばん高い時にまとめて買ってしまうリスクも避けることができる。損するリスクを小さくすることが、確実な勝ちにつながる。

 マネー初心者は、インデックス・ファンドを毎月積立で買う。この方法で投資の上級者に見劣りしない成績・利回りが狙える。すぐに実行しよう。

 ドルコスト平均法について詳しくは、こちらのページをどうぞ 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2017 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.