お金の基礎知識

2017年02月23日

予期せぬ妊娠、お金ない!育てられない!そのときはここへ

ある仕事で今日、アクロスジャパンの代表、小川多鶴さんにお会いしました。妊娠したけど産めない女性の出産をサポートし、生まれた子を親になりたいカップルに託し、特別養子縁組をお手伝いする、という働きをされています。

以前アメリカに住んでいた時に、自身も日本から養子を迎え、日本の養子縁組事情がものすごく遅れていることにショックを受け、数年後に、この社団法人を立ち上げました。すばらしい行動力!
日本の1年間の中絶件数は約18万件(現実はその数倍との説も)。1日に500の中絶が行なわれてます

もし、あなたやお友達が「妊娠したけど育てられない」とき、選ぶ道は中絶だけではありません。「産んで養子に出す」ことができます。 ぜひ、こちらの団体に連絡してください。

子どもを育てたいけど恵まれない不妊カップルは、6組に1組と言われています。その中には、養子を迎えて育てたいと願っている人たちもたくさん。その人たちに産んだ子を託すのは、人生最高のプレゼントとも考えられます。

妊娠・出産・子育て・養子縁組の費用などついては、弊社のFP相談をご利用ください。中絶の悩みのにんご相談は無料で承っていまーす! お問い合わせはこちら

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2017 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.